DMM光は株式会社DMM.comが運営している回線事業者です。プロバイダーのサービスだけでなく、さまざまなインターネットコンテンツのサービスを展開しています。
DMM光は、NTTのフレッツ光の高速光回線を使用して、独自のサービスを付加する光コラボレーション(光コラボ)になります。新しい技術によるv6プラスにより、他の業者やプロバイダーと比べて、高速なインターネットができます。また、価格も安く高速にインターネットができる、格安SIMのDMM mobileを提供しています。このDMM mobileとの組み合わせにより安くなる、DMM光mobileセット割があります。
そこで、これからDMM光の特徴やサービス、気になる料金や評判を詳しく紹介していきます。

DMM光の特徴

光コラボのDMM光がある

光コラボとは、NTTのフレッツ光の高速光回線を使用したまま、他の業者に乗り換えられる仕組みです。メリットとしては、自由にいろんな業者に乗り換えられるので、自分にあったオトクな業者を選べることです。しかも、フレッツ光のカバー率は全国エリアなので、引っ越し先でも使用できるところです。
すでに、フレッツ光を使用している場合、基本的に工事も不要なので、簡単な手続きで乗り換えられます。価格面だけではなく、いろんなオプションを選びたい場合、DMM光はおすすめです。

 

DMM光のファミリータイプは価格が2種類ある

DMM光のユニークなところとして、集合住宅を除く戸建向けのファミリータイプを対象に、2種類の価格があります。その2種類とは、定額とDMM光2段階定額になります。
定額とは、一般的な光コラボの業者と同様、データ使用量に関係なく一定の月額使用料を支払うタイプです。定額の場合、2018年2月現在の月額料金は4,820円です。
DMM光2段階定額とは、1か月あたり3GBまでは、2018年2月現在の月額資料用は3,780円。3GB以降は従量制となっていて、最大で10GB以降は同額で5,240円となっています。3GBから10GBまでは、1GB使用するごとに約200円度加算される計算。約7.5GB使用すると、定額とほぼ同額となります。

自宅ではあまりインターネットを使用しない場合、DMM光2段階定額にしてオトクに使う方法もあります。ただし、DMM光2段階定額を使用する場合、回線速度が100Mbpsに抑えられてしまうことです。
一方、定額の場合には最大で理論上1Gbpsまで速度が出ます。とはいっても、100Mbpsの速度が出れば、動画などもストレスなく見ることはできます。
自宅での利用状況にあわせて、価格を選べるのは他の光コラボにはない、DMM光の特徴です。

 

DMM光はv6プラスで高速なインターネットができる

「DMM光に乗り換えてから、インターネットが高速になり快適になった」このような評判もよく聞かれます。光コラボは同じフレッツ光を使用しながら、業者により高速光回線に接続する方法が異なります。PPPoEと古い規格で接続している業者の場合、速度が遅くなりがち。また、多くの業者で使用しているため、夜間など多くの人が使うとさらに遅くなる傾向があります。

ところが、DMM光の場合、v6プラスという新しい規格で接続することで、高速なインターネットができます。フレッツ光の高速光回線の中に、もう一本別の新しい高速道路があるイメージ。v6プラスで接続しているところは少ないので、夜間でも渋滞することなく、スイスイとインターネットができます。全体的に遅く、夜間になるとさらに遅くなる場合、DMM光に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

 

DMM光mobileセット割でさらにオトクになる

DMM光以外にも評判の高いものとして、DMM mobileの格安SIMです。価格も安く、しかも高速であり、パケットプランも多くありムダなく選べます。しかも、ウレシイことに今月余ったパケットは、翌月に繰り越すことができることです。
他にもパケットをシェアして家族で使用する、複数の端末で使用できる、シェアコースもあります。

このDMM mobileとDMM光をセットで申し込むことで、毎月500円のセット割でオトクになります。キャリアを使用していて、毎月の基本料を少しでも抑えたい。そのような場合には、この機会にDMM光mobileセット割でオトクに乗り換えるのもおすすめです。

 

最近話題になっている光回線の新しい接続技術「v6プラス」に対応しているプロバイダーです。ゴールデンタイムも結構快適との評判が高いですね!!

 

DMM光の料金

サービスがいくつもあるため、ここではDMM光について説明します。料金体系は、戸建向けと集合住宅向けにより料金が異なります。

  • 戸建向け(定額):月額料金4,820円
  • 戸建向け(DMM光2段階定額):月額料金3,720円〜5,420円
  • 集合住宅向け:月額料金3,780円

DMM2段階定額は、3GBまでは3,720円、そこから10GBまでは従量制になります。定額の場合、回線速度は1Gbpsに対し、DMM光2段階定額は100Mbpsになります。また、固定電話を使用する場合、上記料金にDMM光電話の基本料金がプラスされます。


https://hikari.dmm.com/plan/

 

DMM光の評判

価格.comでの評判を確認しますと、回線速度は5点満点中、3.67点と高得点。(集計期間:2017年 2月22日~2018年 2月21日 投稿数:3件)

実際の評価も、

dog1

「うちでは常に7台ほど同時利用しておりますが、下りで60Mを下回ったことがありません。」

といい評判である一方、

cat1

「スピードテストではRadish Network Speed Testingでの計測で下り50-103M、上り120-220M。ただし、以前の純粋フレッツの際はスピードは遅かったかもしれませんが、すぐにレスポンスしていました。DMMプロバイダの影響なのか、接続が一呼吸してからつながる感じなので、ブラウジングで待たされるような印象を持ちました。」

という意見もあります。

これは一概にDMM光だけの問題ではなく、

  • 地域
  • 回線環境
  • プロバイダー
  • 使っているPCやスマホのスペック
  • 接続時間帯

にも影響されます。インターネットが遅い場合、原因は複数あるため、その原因を探ることで安定したインターネットができることもあります。とくに無線LANの場合には、電波状況も大きく左右するため、可能なら有線LANで接続して、速度が早くなるか確認することが大切です。有線LANでかなり速度が上がるようであれば、電波状況の問題と判明できます。変わりがない場合には、自宅より外の問題と考えられますので、一度お問い合わせすることをおすすめします。価格だけに釣られるのではなく、プロバイダーの評判も合わせて確認することをおすすめします。

 

DMM光のまとめ

いかがでしたでしょうか?DMM光をおすすめする方としては、

  • 新しい接続技術v6プラスで高速なインターネットをしたい方
  • インターネットの月額料金を抑えたい方
  • 格安SIMのDMM mobileと組み合わせて割引を受けたい方

 

このような方におすすめです。キャンペーンは、時期により変わることがあります。そのため最新の情報を確認して、DMM光に乗り換えてはいかがでしょうか?