ADSLはブロードバンド回線の先駆け的存在

2000年代に登場したADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line:非対称デジタル加入者線)は、それまで主流だったISDNやダイヤルアップといったインターネットの接続手段と比べてはるかに高速通信ができることから急速に普及しました。さらにそれまでは通信したデータ量に応じて使用料金が決まる料金体系が基本だったのに対し、定額での利用が可能になったことなどインターネットの普及にも大きな影響を与えました。

ADSLの魅力・利用方法

ADSLは、非対称デジタル加入者線と訳します。非対称の意味はデータを受信する速度とデータを送信する速度が異なることに由来しています。この性質もふまえてADSL利用について確認していきましょう。

ADSLの魅力

ADSLを利用するメリットとしては、簡単に接続可能な点が挙げられます。ADSLは電話回線を利用してインターネットへ接続しますので特別な工事が必要なく開通もスムーズです。そしてブロードバンド通信(高速通信)が比較的安価です。

ADSLの御利用の注意

ご自宅と電話の基地局との距離によって通信速度が大きく変化します。5Km以上離れている場合は顕著に通信速度が落ちてきます。ADSLの通信速度の予測についてはNTTのホームページで予測できるようになっています。下調べをした上で御自身の環境や利用方法を考えて選ぶようにしましょう。

 

ADSLと光回線との比較

添付ファイルのない簡単な電子メール利用やたまに簡単な調べ物をするだけでならばADSL回線でも問題ありません。しかしインターネットが生活に浸透している昨今では、思いのほか大容量の通信をする機会が多いものです。光回線の開通が可能なエリアの方で快適にインターネットを行いたい方にはあまりお勧めしません。

例えば写真を友達やご家族に送ったり、インターネットで音楽や動画を楽しんだり、ネットショッピングを利用したことはないでしょうか。こうしたサービスを活用する場合にADSL回線では画面の動きが遅いと感じる方もいらっしゃるかと思います。

加えて、ADSLには「上り」「下り」で速度の差が顕著であるという特徴があります。具体的には写真などの画像をご家族に送ったりするのが「上り」。反対に画像を受け取ったり動画を楽しんだりするのが「下り」です。基本的にADSLは「上り」は「下り」よりも通信が遅いことです。そしてADSLの場合は光回線に比べてその差が大きく、通信速度は不安定になる傾向があります。

画像、動画、音楽等快適に楽しむにはADSLよりも光回線がよいでしょう。但し光回線が通っていないエリアもありますのでその場合はADSL(若しくはCATV)接続になります。

 

ADSLは将来廃止になる可能性が・・でも!?

光回線の普及に伴いADSL業者は相次いでサービス終了を表明しています。

NTTが提供している「フレッツ・ADSL」は、2016年6月30日にすでに新規申し込みは終了しており、サービス提供は2023年1月31日までとなっています。

その中でADSLで最大手のYahoo!BB ADSLは今でも頑張って運営しています。仮にサービス提供を終了する場合は、NTT同様かなり前よりアナウンスすることでしょうから、最も安くインターネットをしたい方には、Yahoo!BB ADSLへの申し込みも検討できますね。なんといっても光回線の半額近い月額料金ですから・・以前と比較しますと回線の混雑状況は下がっていることから思わぬ高スピードでインターネットを楽しめる可能性もあります。



 

光回線、当サイトお申込数ランキング

 

 1位 auひかり


【特徴】
auひかりはとても高額なキャッシュバックキャンペーンと工事費無料キャンペーンをよく実施しており、トータルコストがお安くなります。auスマホの方はセット割引も適用されます。そして光回線の実質速度も早いというかなり高い評判です。
提供エリア 全国
但し下記のエリアは対応していません
【東海地方】:愛知県、静岡県、三重県、岐阜県
【関西地方】:大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県、福井県
月額料金 【ずっとギガ得プラン】・・・3年契約
1年目 5,100円、2年目 5,000円、3年目 4,900円
auひかりの詳細情報 auひかりの特徴と評判 



 2位 NURO光


【特徴】
光回線速度が最速の2Gbpsです。実際も他社よりも早くて快適との評判です。評判が高いことで提供エリアは拡大中。2017年11月には東海エリアと関西エリアまで拡大してきました。キャッシュバックキャンペーンや工事費無料キャンペーンもよく行っています。SoftBankスマホの方はセット割引も適用されます。
提供エリア 関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
月額料金 4,743円
NURO光の詳細情報 NURO光の特徴と評判



 3位 SoftBank光


【特徴】
NTT東日本/西日本の光回線を借りて運営していますのでフレッツ光と同じ全国エリアに対応しています。そしてフレッツ光より月額料金が安く、フレッツ光からの乗り換えの場合、工事費が無料です。よって乗り換えの方にとても人気です。SoftBankスマホの方はセット割引も適用されます。
提供エリア 全国
月額料金 戸建て:5,200円、マンション:3,800円
SoftBank光の詳細情報 SoftBank光の特徴と評判