インターネットを利用していると、「表示に時間がかかる」、「途中切断して表示されない」等のトラブルのご経験をお持ちの方がかなりいらっしゃるかと思います。
家庭用のインターネット回線は、大手企業で利用されている専用回線と違い、回線速度の保証は一切ありません。そして多くの方が一つの回線を共用して利用していますので、夜間等では回線が混みあい、このようなトラブルが発生します。まれに回線業者の通信機器の故障が原因になることもありますが、これはそう多くありません。
ではこのようなご経験が多い方は、これからどこのプロバイダーを選択した方がよいかについてご解説したいと思います。

安定していないインターネットの原因はプロバイダーの影響だけか

インターネットで「表示に時間がかかる」、「途中切断して表示されない」等のトラブルの原因はいろいろとあります。プロバイダーの問題でない可能性もありますので、まず内部要因(ご自分の環境)と外部要因(回線業者)分けて解説します。

インターネットが安定していない内部要因

パソコンの性能によるもの

パソコン性能が低いと表示に時間がかかります。インターネットを行っている際、ブラウザ以外に他のアプリケーションが立ち上がっている場合は、出来るだけ閉じてください。それは他のアプリケーションがみえない所でCPUやメモリーを使っている可能性があるからです。

パソコンが古く性能の低い場合が考えられます。購入後5~6年以上経過しているパソコンの場合は、買い替えの検討も必要になります。

ネットワーク機器(ルーターやHUB)の性能

ネットワーク機器には性能の違いがあります。性能表で有線LAN速度(帯域)を確認していただき、100Mbps未満であれば買い替えを検討した方がよいかと思います。また利用年数が長いと性能が出ていない可能性もあります。ネットワーク機器の場合、長くても7年以上は利用しない方がよいかと思います。またWiFiルーター(無線LANの機器)の場合は、技術進歩が早いことで出来るだけ新しいものを使いましょう。また設置している場所によって安定性が変わりますので注意してください。

ネットワークケーブル

ネットワークケーブル(LANケーブル)には性能の違いがあります。必ずカテゴリー5(CAT5)以上が必要です。ネットワークケーブルに記載がありますので以前から長い間使用している方はご確認願います。また机や椅子等重たいもので踏みつぶしている場合は、速度低下を生じることがありますのでチェックしてください。

パソコンやタブレットのDNS設定による影響も

パソコンやタブレット等の情報端末のネットワーク設定のDNSサーバーは、デフォルト(初期値)で自動取得になっています。このDNSサーバーの混み具合や性能によっては、インターネットの表示時間にかなり影響を与えます。
表示時間に不満がある方は一度DNSサーバーの設定を自動取得から手動に変更して試してみるのも良いかと思います。私はいつもGoogle社のDNSサーバーを利用していますが、かなり性能が良いのでおすすめです。

Google社のDNSサーバーのIPアドレスは下記になります。
優先DNSサーバー:8.8.8.8 代替DNSサーバー:8.8.4.4 です。

設定方法がわからない方は、こちらを参考にしてみてください。

インターネットが安定していない外部要因

回線の混雑で速度が落ちる

光回線業者は大別すると全国網羅している、①「NTT東日本/西日本の光回線」、②「KDDIの光回線(auひかり)」。そして各地方には、③「ケーブルTVや電力会社系の独自回線」があります。この中で最大手の「NTT東日本/西日本の光回線」は、混雑していることで実際はあまり速度がでていないという評判が多くあるのは事実です。光コラボ、フレッツ光をお使いで速度がでていない、安定しないという方は乗り換えも検討した方がよいかと思います。

回線業者やプロバイダーのネットワーク回線機器の故障

回線業者やプロバイダーのネットワーク回線機器の故障によるトラブルはまれにあります。しかしこのトラブルのリスク回避は、家庭用インターネット回線の場合、ほとんど不可能に近いかと思います。回線業者やプロバイダーによって大きな違いがないため、特段何かを検討することは必要はないかと思います。

 

安定しているインターネットとはどのような状態か

いつでも安定したインターネットをご利用になるには、一度ご自身のインターネット回線の速度をご確認されたほうが良いかと思います。ここではインターネット回線の速度がどの程度でているかを簡単に調べる方法をお伝えします。

インターネット上に回線速度を無料で測るサイトが存在します。「帯域測定」で検索すると多く表示されます。
代表的なサイトして「BNRスピードテスト」(http://www.musen-lan.com/speed/)がありますが、時間を変えて何度か測定してみてください。光回線であるにもかかわらず、いつでも測定結果が3Mbps以下は要注意です。常時10Mbps以上でていれば基本的に問題はないかと思います。

回線速度がはやい安定した人気プロバイダーはどこか

光回線の場合の速度は1Gbps(NURO光は2Gbps)と記載ありますが、これはベストエフォートと呼ばれているもので保証されているものではありません。実際に100Mbps以上の速度がでている方はしっかり性能が出ているということになります。

ではいつでも回線速度が速く安定しているプロバイダーはどこかということですが、回線速度評価を集計してみましたのでこちらの「人気プロバイダーの光回線速度の比較」でご確認ください。

 

筆者のおススメの人気プロバイダー及び回線業者は下記になります。

  • 【回線業者】NURO光回線、コミュファ光回線、eo光回線、auひかり回線
  • 【プロバイダー】NURO光、コミュファ、eo光、au one net、ピカラ

 

 

光回線、当サイトお申込数ランキング

 

 1位 auひかり


【特徴】
auひかりはとても高額なキャッシュバックキャンペーンと工事費無料キャンペーンをよく実施しており、トータルコストがお安くなります。auスマホの方はセット割引も適用されます。そして光回線の実質速度も早いというかなり高い評判です。
提供エリア 全国
但し下記のエリアは対応していません
【東海地方】:愛知県、静岡県、三重県、岐阜県
【関西地方】:大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県、福井県
月額料金 【ずっとギガ得プラン】・・・3年契約
1年目 5,100円、2年目 5,000円、3年目 4,900円
auひかりの詳細情報 auひかりの特徴と評判 



 2位 NURO光


【特徴】
光回線速度が最速の2Gbpsです。実際も他社よりも早くて快適との評判です。評判が高いことで提供エリアは拡大中。2017年11月には東海エリアと関西エリアまで拡大してきました。キャッシュバックキャンペーンや工事費無料キャンペーンもよく行っています。SoftBankスマホの方はセット割引も適用されます。
提供エリア 関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
月額料金 4,743円
NURO光の詳細情報 NURO光の特徴と評判



 3位 SoftBank光


【特徴】
NTT東日本/西日本の光回線を借りて運営していますのでフレッツ光と同じ全国エリアに対応しています。そしてフレッツ光より月額料金が安く、フレッツ光からの乗り換えの場合、工事費が無料です。よって乗り換えの方にとても人気です。SoftBankスマホの方はセット割引も適用されます。
提供エリア 全国
月額料金 戸建て:5,200円、マンション:3,800円
SoftBank光の詳細情報 SoftBank光の特徴と評判