単身赴任者が単身赴任した新たなお住まいで、インターネット環境を準備する方は多くいらっしゃるかと思います。現在インターネット環境は、固定の光回線とモバイルWiFiと大きく2つに分かれます。その中で今までお住いのご自宅で固定の光回線を導入されていた方のほとんどは、単身赴任先でも同様の光回線の導入を検討されるかと思います。
しかしインターネット環境は、ご家族と同居されていた時と少しニーズが異なることから、単身赴任者が一人で今後ネットを使うシーンをイメージしながら光回線の導入がベストなのかを考えてみましょう。

単身赴任者がインターネットを使うシーンとその条件

単身赴任者がインターネットを使うシーンは、仕事中以外でどのような時でしょうか。そしてそのシーンはインターネット回線でどのような条件が必要なのかを「データ容量」「通信速度」「応答速度」ごとにまとめてみました。

◎:とても重要 ○:考慮必要 △:特別な考慮不要
ご利用シーン データ
容量
通信速度
(帯域)
応答速度
(Ping値)
備考
調べ物をしたり一部電子メールでやり取りをする 電子メールで大きな添付ファイルのやり取りは回線速度も影響する
趣味や暇つぶしでYouTubeを観たり音楽を聴いたりする YouTube等の動画を頻繁にみる方は容量に注意
Facebook、Twitter、インスタグラム等のSNSで外部とコミュニケーションをとる
家族とLINE電話等のテレビ電話をする
株やFX等の取引を頻繁に行う デートレーダーの場合は、瞬時に取引が反映される必要があることから応答速度の速さは必須
インターネット回線の動画配信サービスで映画等をよく観る 利用回線の容量に制限がある場合は要注意
対戦アクションゲーム行う 対戦アクションゲームによって応答速度の要求が違う

 

解説
データ容量 運ばれるデータ量のこと。単位は「B」(バイト)
通信速度(帯域) 時間あたりにどれだけのデータ量を運べるかという意味で一般に通信速度といわれている。単位は「bps」(ビットパーセカンド)
応答速度(Ping値) キーボードやマウスを操作したときにどれだけ早く相手サーバーが反応できるか。単位は「ms」ミリセカンド

 

  • ご利用シーンの項目の中が全て△の場合は、特別な考慮が不必要なことから、一般的なインターネット回線であれば快適に利用できます。
  • ご利用シーンの項目の中に◎がある場合は、光回線をご用意する必要があります。
  • ご利用シーンの項目の中に○がある場合は、使う頻度と内容によって光回線が必要なのかを最終判断します。

 

光回線とモバイルWiFiの比較

光回線とモバイルWiFiを比較してみました。それぞれメリットとデメリットがあります。モバイルWiFiは現在主流のWiMAX2+で比較検討してみました。

比較項目 光回線 モバイルWiFi(WiMAX2+)
回線工事が必要 × 必要 不要
引っ越しの面倒さ × 手続き必須
費用が発生
ネットが利用できない期間も発生
契約期間内の解約は違約金発生
利用可能エリア内であれば面倒な手続きはなし。原則住所変更のみ
申込日から利用までの期間 × 1週間~2ヶ月 1日~1週間程度
月額費用 × 4500円~6000円 3000円~4500円
データ容量 無制限 プランにより無制限
回線速度(帯域)
「理論値」
1Gbps
(一般的な大手光回線業者)
440Mbps~708Mbps

3日間で10GB以上利用の場合回線速度ダウン

応答速度(Ping値) 光回線より遅い

 

スマホのテザリング機能を利用した場合はどうでしょう

【テザリングとは】
テザリングとはお持ちのスマートフォンを親機として、パソコンやタブレット等の外部情報機器を子機としてWiFi、USB、Bluetoothのいづれかで接続させること。最近のスマートフォンの多くはこの機能がついています。

最近のスマートフォンはテザリング機能がついていることで、モバイルWiFiと同様に使えると考えている方も多いと思います。そして簡単な情報のやり取りは勿論この機能を使って全く問題ありません。しかし快適なインターネット環境とは言い難いのが現実です。下記は主な問題です。

  • 通信速度がでない(原因はインターネット専用回線でないことによる)
  • スマートフォンのバッテリーの消費がとても早い(待機時の消費電力も多く連続利用の場合半日もちません)
  • スマートフォンの契約データ量が簡単にオーバーしてしまう

よってテザリングはよほど利用シーンが少ない方以外は、このような問題があることからあくまでも簡易的なインターネット利用環境として考えておく必要があり、常用のインターネット環境としては原則おすすめできません。

 

単身赴任で光回線は必要なのかのまとめ

単身赴任で光回線が必要なのかは単身赴任者の利用シーンによって変わりますが、上記の単身赴任者がインターネットを使うシーンとその条件で「株やFX等の取引を頻繁に行う」方と「インターネット回線の動画配信サービスで映画等をよく観る」方以外は、光回線まで必要ないでしょう。モバイルWiFiの契約で十分だとと考えます。それは早く安く簡単に利用できるからです。そして引っ越しも簡単です。また持ち運びができますので、固定回線にない便利さも兼ね備えています。

モバイルWiFiは2013年にWiMAX2+回線がスタートしたことにより、光回線ほどの安定性まではいきませんが、以前より通信速度が大幅に改善されました。よって一般的な使い方では何も問題がありません。但しあくまでも無線通信ですので利用可能エリアのご確認は必要です。

 

 







 

【モバイルWiFi、当サイトお申し込み数ランキング】
 

1位 GMOとくとくBB

【特徴】
GMOとくとくBBは広告やCMも多いことで、かなり有名な信頼のある会社です。人気も高いことで申し込む方も非常に多いです。
積極的にキャンペーンを実施していますので、申し込む時期によってはかなりお得に契約ができます。
回線種類 WiMAX2+
月額料金 【2年プラン】GMOとくとくBBギガ放題プラン(LTEオプション)
1ヶ月~2ヶ月目 2,170円
3ヶ月~24ヶ月目 3,344円


2位 So-netモバイル

【特徴】
とても信頼の高いソニーグループのインターネットプロバイダーSo-netが提供しているモバイルWiFiのサービスです。なんと国内で200万人以上が利用しています。いつでもお得で魅力あるキャンペーンを実施していますので実質料金は格安です。
回線種類 WiMAX2+
月額料金 【3年プラン】Flatツープラスギガ放題プラン(LTEオプション)
ご利用開始月 0円
1ヶ月~2ヶ月目 980円
3ヶ月~36ヶ月目 4,050円
LTEオプション利用料:1,005円




3位 Broad WiMAX

【特徴】
とにかく早く利用したい方には一番おすすめします。WiFiルーターの受け取りは首都圏で店舗受け取りが可能になっていますので、当日からネットが使えます。その他エリアも最短翌日に利用可能になります。またキャンペーンも充実していますので料金も最安値レベルです。
回線種類 WiMAX2+
月額料金 【3年プラン】ギガ放題プラン
1ヶ月~3ヶ月目 2,726円
3ヶ月~36ヶ月目 3,411円



 

格安で高品質なのでおすすめ!FUJIWiFi



【特徴】
FUJIWiFiの特徴はWiFiルーターを貸し出してサービスを提供しています。レンタル形態をとっていることで、同業他社との決定的違いは契約期間に縛りがなく、解約はいつでも可能。解約した場合でも解約違約金が一切ないことです。また端末費用は一切不要になります。
人気が最も高いWiMAX2+回線の月額料金では最安値です。
回線種類 SoftBank と WiMAX2+ の2種類のサービスがあります
月額料金 WiMAX2+プラン いつでも毎月2,980円
SoftBank4G/LTEいつも快適プラン(全く制限なし) 6,000円



 

利用制限のない格安プランでおすすめ!SAKURAWiFi

  【特徴】
モバイルWiFiのサービスを提供している大手のWiMAXやY!mobileは一定の通信量を超えると速度制限が発生する仕組みをとっていますが、SAKURAWiFiは、いくら使ても速度制限がありません。
またSAKURAWiFiは解約を申し出ても解約違約金がありません。いつもでも解約できます。
回線はSoftBankのプラチナ回線で、地下鉄内や建物内でもつながりやすいのも大きな特徴です。そして格安です。
回線種類 SoftBank
月額料金 いつでも毎月3,680円